訪問看護ステーション看護師とは

訪問看護ステーション看護師とは

訪問,看護,ステーション,看護師,仕事

訪問ステーション看護師とは、訪問ステーションに勤務する看護師の事ですが、つまりは訪問看護師の事です。

 

看護師の世界も、近年業務の範囲が大きくなり、その一つとして訪問看護師が大きな話題になっています。と言っても、訪問看護師という存在について、詳しくない看護師さんの方も多いかも知れません。そこで、訪問看護師の概要について説明したいと思います。

 

訪問看護師とは、字のごとく、病院勤務ではなく利用者の住まいに訪問し、さまざまな看護活動を行う看護師の事です。
なぜこのような看護師が必要なのかというと、高齢者の増加と在宅介護との関係が強いです。近年、日本は高齢者の増加と寿命の延長が問題化しています。

 

高齢者の増加と、高齢化に従い、体が弱っている方が増え、介護を要する方々も多いです。そして、高齢者が増えるに伴い、施設には入れない高齢者の方も増えています。そこで、高齢者の方はなるべく自宅にいて家族と過ごし、医療的な措置を要するときだけ看護師が介在すれば良いという考えが、訪問看護の根底にあります。

 

訪問看護師と、普通の看護師の違いですが、なんと言っても診療の中心たる医師が近くにいないことにあります。そのため、訪問看護師はある程度の裁量が与えられますが、それは同時に、医師に頼らずに、自らの判断を行う事が要求されます。
患者さんの側には医師はいないので、患者さんに何かある場合は医師の診察を受けることが必要になりますが「何か」を判断するのは自分しかいないのです。